×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

English





神里雄大×横田創 対談
なんで二つやることにしちゃったのか……(神里)
まさか両方やるとは思わなかったよ!(横田)


昨年秋以来5カ月ぶりとなる岡崎藝術座の最新作は、劇団初の二本立て。
ギリシャ悲劇を代表する名作の一つ、ソフォクレスの『アンティゴネ』と、1978年に『雪之丞変化』として初演され1980年に改題された、つかこうへいの『寝盗られ宗介』だ。
一見しただけではなかなか共通点を見つけにくいこの2作品。
しかしこの作品選定には、神里雄大が大きな信頼を寄せる、作家・横田創のアドバイスが強く影響しているそうで……。 (取材・文=熊井玲)
>>つづきを読む  >>PDFで読む